本のご紹介。『読まれる・稼げる ブログ術大全』

日常生活のこと

今までなんとなく日々思ったことを綴っていたブログ、この向き合い方を考えるために手に取った一冊を、今回は紹介させていただきます。

ブログに真剣に向き合ってみようと思った日。

サーバーをレンタルし、ドメイン取得し、自分のブログを立ち上げてみてはみましたが、単なる日常の日記をときどき書いている程度。

そもそもわたしがブログを開設した理由は、メンタル障害に陥ってしまったこの先を案じ、わりと好きな ”モノ書き” を僅かでも収入源にして将来不安を補おうとした考えによるもの。

それがこんな向き合い方では、アクセス数が伸びるわけもありませんよね。当然、収益などゼロのまま。ブログ運営というものを舐めてしまっていたのは、言い逃れのない事実です。
開設すればそのうち読んでくれる人も多くなってくるでしょう、なんて考えは大間違い。大勢のユーザーを抱える大手の無料ブログとは訳がちがいます。

一念発起してこんな現状から打破すべく、読んでみたのが、ヨスさんの『読まれる・稼げる ブログ術大全』です。

ブログをはじめる前にブログ運営に必要な情報はネット上で勉強していたつもりではありますが、
この本は技術面も含め、非常に詳しく丁寧に書かれてました。

かつ、不思議なくらいに親しみやすい。これも執筆上の技術なのでしょう。

非常に参考になった一冊でありました。

もっとも気付いたことは、”相手を思いやる心” の必要性。

本業が会社員である関係で、これまでいろいろな啓発本や講習などで学んで来たことは同じです。
成功される方に共通しているのは、常に相手が受け入れやすくなるように訴えることを念頭に置いていること。この本でも同様なことが記されております。

記事は読み手の目線に立ち、読み手にとってメリットとなる内容を書く、読み手に伝わりやすいように書く、そんな主旨だったと思います。

どの世界でも共通のこと、自分が理解できていなかったのかも?

これまでのわたしは、きっと心のどこかで
「たかがブログでしょ」
といった上から目線があったものと思います。
会社員という、本業でのしっかりした土台を持っていることが、余裕を生んでいたものと思います。

そのせいでしょうか、過去の記事を読み返してみると、自分自身の心の中を思いのままに描写する内容ばかり。

訴える相手は読み手というより、自分の心の中であったように思います。

まぁ、こういうメンタル面の病気で悩んでいたもので、書くことで自分の心の整理を付けられ助かった部分はありますが。

しかしこれはきっと、発病前の会社生活でも、自分の行動には知らずとそんな傾向であったのではないのかな?

啓発本や講習で学んだこと、理解したつもりでいて、きちんと反映できていなかったのではないのかな?

この本を読んで、ちょっと違う方向から突かれた感じがし、大きな気付きを得られたところです。

ブログを始める方、まずこれを読んで共にがんばりましょう。

難しいことを書いてしまいましたが、ブログ初心者や、わたしのようなブログ停滞者にとって、非常に有意義な内容と思っています。

これを読んでともにがんばれる仲間に出会いたいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

読まれる・稼げる ブログ術大全 [ ヨス ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/2/19時点)


みなさまこんごとも、よろしくおねがいいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました