女装道具はどこに隠しましょう?

女装エッセイ

隠し場所がいつも悩みどころ

既婚の隠れ女装愛好家さん、みんなの共通の悩みと言えば、”女装道具の隠し場所” ですよね。(^^;
家庭では内緒に楽しんでいるため、絶対に見つからない場所を確保しておくことが大きな課題です。

都心に近いところであれば女装ルームなどがいっぱいあるため比較的見つかりやすいと思いますが、わたしのように片田舎に住んでいる者にとってはこれはシリアスな問題です。

この話題、いろんなところでいろいろな方に伺いましたが、みなさんあれこれ工夫を重ねて乗り切ってらっしゃるようですね。見つからずに女装を楽しむための執念、とでも言いましょうかね。(*^-^*)

今回ですが、参考情報としてわたしがどうやって隠し持ちつづけているかを紹介させていただこうかと思ってます。

道具は常に少なめに

まずは、お洋服などの道具は極力少なくし、常にすべての道具をスポーツバッグ一つに収まる程度に制御しています。
こうすることで、隠し場所の便宜性が高まったり(小さい場所でも隠せるようになったり)、見つかりそうになったときに少しでも移動しやすくできたり、といったメリットがあります。

しかし、多くのものを持てない点で、少し悲しさが付いてまいります。
新しい洋服を買ったときは入れ替えに古いものを処分する必要が出てきますので、お気に入りのお洋服を泣く泣く処分してしまった経験が何度もございます。とても悲しい気分になりますが、長くいっぱい楽しむための我慢のしどころと捉えてます。

また、冬シーズンは上着などが嵩張りバッグに収まらなくなりますので、毎年冬場は女装は冬眠時代に入らざるを得ない。このときも寂しくなってしまいます。

複数の場所で定期的に移動

隠す場所はいろんな場所を確保しておき、定期的に入れ替えています。

現在は、車のトランクの底、会社の着替え用ロッカー、自分の部屋の天井裏、の3か所。
どこかに長く置いておくと、油断と忘れが生じてしまい、自分自身の見つからないための対策が緩んでしまうことを恐れてのことになります。
家族や仕事のスケジュールを管理して移動させる行為が目立たない日程や時間帯を考え、実行に移すようにしています。

心配な点は、温度がうまくできないところ。夏の間に車のトランクに隠しているときに、社内が高温になって、メイク道具の品質劣化が早まったりしないかなぁ?、なんてことが気になることがしばしばあります。

なかなか不自由が多いものです。みなさまも同じかと思いますが、大変な思いをしています。

万一のときへの備え

とても涙ぐましい努力をしているつもりなのですが、どうにもならないのは万一のことが起こった時。
事故などで自分の身になにかが起こったら、もうどうしようもありませんからね。

そのときはもう観念するしかありません。

一応わたしの場合、昔から仲の良かった姪がおり、親類の中で彼女にだけは女装のことを伝え理解してくれておりますので、万一の事態が生じたら可能なようであれば誰にもわからないように処分してもらうようおねがいはしてあります。
まぁ、そういう事態にあってそこまで期待させてもらうのは虫が良すぎる話ですので、「決して無理はしないでね。」とも伝えてありますが。

なんか正直言って、自分の楽しさを追求するためにここまで苦労せねばならないことが、疑問に思えてしまうこともございます。いっそのこと、家族にも伝えてしまった方がいいのかも???

コメント

タイトルとURLをコピーしました